2017年2月1日水曜日

『IN KYOTO』&迷走する私と前髪

皆様、こんばんは。
前に更新したのはいつだったのか・・・
思い出せないくらい頭が飽和状態のシエスタです。


この数週間は選択の連続で。
不安なところは案外大丈夫そう、
逆に、
自分なりに良い感じだと思っていたことがそうでもない・・・。
そんな日々です。
難しいですね。

色々色々ありすぎて、
なんだか言葉が出てこない今日この頃。

既刊本紹介でならしていきましょう。
本日はこちら・・・

『IN KYOTO うつろいゆく、京の景色


写真:神崎順一、大道雪代、田口葉子、中田 昭、宮野正喜、山岡正剛
平成26年9月刊行、148㎜×148㎜、本体1,780円+税


本書は京都ゆかりの写真家6人による、京都の四季の写真集です。
ましかくシリーズなのでとってもコンパクト!
だけどページをめくると京都の美しい色彩豊かな景色が溢れ出てきます。

景色だけでなく有名な行事の風景もあって、四季を生きる京都の今がそのまま収められている感じです

少しだけ本文をご紹介・・・。





平安神宮
装束の色がとても綺麗です。
小さい頃巫女さんの衣装に憧れていて、
剣道部に入部して袴を穿けた時にはちょっとウキウキしました。

桜という自然に見守られて私たちの四季がめぐっている感じが好きです。



左:佐野桜畑・右:堀川今出川
これがかの有名な佐野桜畑!のかがり火ですね。
行ってみたい!!

右ページを見ていて、全然関係ないことを思い出しました。
「京都の通りは碁盤の目だから迷わない」と、先週京都出身の俳優さんが仰っていたのです。
「だから、東京に上京してからいつも迷ってばかり」だと。

全国の方向音痴のみなさん。
方向音痴に碁盤の目は関係ありません!
地下鉄から地上に出た瞬間に思うことは東京でも京都でも同じです!
北どっち?・・・

左:堀川通、右:炭屋旅館 端午の節句
寒いからでしょうか?
心の底から、
早くこれくらいの季節になってほしい。



左:上賀茂神社 斎王代女人列御禊神事
右:下鴨神社 葵祭
京都ならではのこんな写真も沢山ありますよ。



南禅院
こういう写真が結構好きです。
見ていると心が静まり返って、浄化される気がします。

左:法然院、右:巽橋
そしてまた四季がめぐる・・・。



少ないですけど、大体の雰囲気は伝わりましたでしょうか?
風景だけでなく、神主さんや舞妓さんなど人が写っているものも沢山ありますので、見ていてとても楽しい写真集です。
ここに行きたいな、見てみたいな。と、旅に出たくなること間違いなし!

私のように住んでいるだけ、というのでは出会えない景色もいっぱいです。

そういえば、
京都は京都でも、光村の周辺はあまり四季が感じられないです。私の住んでいるところも同様。
だからこそ、自分から見に行く機会を持たないといけませんね、反省です。

京都の書店さんであれば置いていただけているのではないかと思いますが、
見つからなければぜひ「IN KYOTO」で検索を!!


さて、
私はあまり四季を体験できていませんが、一方のアオアザ先輩がお子さんとの素敵な休日の、雪の写真をブログにアップされてますね。対抗したいけど何にもないです。

なので、私の雪の思い出を・・・
昔地元にいた頃に、雪がどかどか降った翌朝、玄関のドアを開ける瞬間がとても好きでした。
家の前が田んぼだったので一面雪だらけで、キラキラしていて眩しくて。
そんな中できゅっきゅっと雪を踏みしめながら、
まだあまり踏み固められていない道を歩くのが楽しいんですよね。

あと、高校時代のストーブ当番!
灯油の量を考えて火の強さを調節しないと、夕方まで決められた量で一日もたせなければいけませんからね。体育の授業とか、移動教室の際には大変です。

それと、雪が降る夜はほんとに静かで。
京都では見ているだけで寒さが身に染みるって感じなのですが、
地元ではむしろ、
なんだか暖かい気持ちになったのを思い出します。

雪に倒れこんで跡を付けるとかもやりましたよ、アオアザ先輩。

思い出してみれば色々な楽しい記憶が蘇ってくるものですね。
悲しい思い出だけじゃなくて、沢山素敵な思い出がありました。
ちょっとホームシックです。


それからそれから、
もう一つのタイトルのことをすっかり忘れていましたが、
何の話かというと、そのまま前髪の話です。

実は月曜出社してきたアオアザ先輩に、開口一番言われてしまいました。

「あんた、まーた前髪切っただろ!それダーメだなぁ!!」

・・・。
関西の突っ込みは直球です。
京都なら直球じゃないパターンもありますが(それはそれできつい)、みんな京都出身じゃないから関係ありません。
歯に衣着せぬが光村の主流です。

前にも笑われたのでわかってましたけどね。
だってさ・・・、目に刺さるんだもん。
目にかかるちょい長めの前髪に憧れるけど、耐えられなくて自分で切ってしまうことも多々。

せっかくすっきりしたというのに直球でのダメだしを受け、
その後、
この前髪で遠征した(=関東のイベントに行った)と言ったらさらに笑われました。
ひどい。

ちなみに、アオアザ先輩の現在の前髪はこれくらい・・・。

そして私がこれくらい。


何が違うのか。
いや、違うけど。

そんなアオアザ先輩ですが、
学生時代には前髪がめちゃくちゃ揃っていた時期があったそうです。
しかも、短めで、カーブを描いていたそうな。
本人曰く、「当時流行ってた」らしいのですが、
本人曰くなので、


「シエスタ、大丈夫!アオアザの方がすごいから!」とO先輩に慰められました。

そういえば、
昨日アオアザ先輩の市場調査に同行していたら昼食に向かう会社員のみなさんとよく目が合いました。
私のおでこ周辺がおかしかったのですか。
そういうことですか。

そんな変なのか。
もはや、よくわからない。

迷走し続ける私と前髪。


最後に、みずちゃん先輩からの熱い要望にお応えして・・・

「るろうに剣心 北海道編」の連載が今年の春からスタートします!
みずちゃん先輩は去年から心待ちにしていらっしゃって、
同志を募っていらっしゃいますので、誰かぜひ?
私はすみません、気持ちだけわかります。

今年は「マイナス発言をしない」が目標のO先輩に怒られそうになりながら、
みずちゃん先輩のるろ剣愛がすでにさく裂している光村の今日この頃です。

以上、シエスタのアニメ日和~番外編~でした。


それでは、今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿