2018年6月29日金曜日

新刊『日本の原風景 滝』出ます!!

皆様、こんにちは。
大変ご無沙汰しております。
シエスタ、なんとか生きてます。
突然ですが、先日の地震以後、
部屋の大改革を決心しました。
もともと寝室に背の高い家具は置いていないのですが、
地震で飾り棚のものが落ちてしまいまして。
割れたものは部屋のライトのリモコンくらいだったので良かったですが…。
ということで、
部屋の大改革を目標に、
先日イベントに落選したことは忘れようとしているわたくしです…。


さて!
ようやく完成致しました、本日は新刊のご紹介です。

『日本の原風景 滝』
写真:森田敏隆・宮本孝廣
体裁:A5判、総304頁
定価:2,800円+税

表紙はこちら・・・

『日本の原風景 滝』
写真:森田敏隆・宮本孝廣
シリーズ名でいくと、
「日本の原風景」シリーズですね。
これまで出ている『日本の原風景 城』、『日本の原風景 町並』に続く3作目となりました。
日本全国の208滝を、美しい写真で収録しています。
簡潔な解説(英文併記)も載せています。

表紙の滝は富山県立山町の「称名滝」と「ハンノキ滝」です。
左側が落差日本一を誇る「称名滝」なのですが、
この右側の「ハンノキ滝」は融雪期にしかお目にかかれないらしいのです。
二本の滝が水量もいっぱいで、しかも虹とともに収められている、
非常に貴重な一枚になっています。

目次はこんな感じ・・・
もくじ
日本の滝100選のリストもありますよ。

それでは、
早速、私の独断と偏見により
シエスタの気になるページを紹介していきます!

★「銀河・流星の滝」(北海道)
銀河・流星の滝
不動岩を挟んで流れ落ちる二本の滝がとてもカッコいい!!
名前が今時な感じですが、
この厳かな雰囲気に今風のスタイリッシュな名前が私にはツボでした。

★「元滝伏流水」(秋田県)
元滝伏流水
潜流瀑と呼ばれる、地下水が流れ落ちているタイプの滝です。
こちらは鳥海山にしみ込んだ水が流れ落ちているらしいのですが、
落差がそんなになくても苔の緑と湧き出す地下水の様がとても美しいと思いませんか?

★「七ツ釜五段の滝」(山梨県)
七ツ釜五段の滝
5つの滝と7つの滝壺からなるというこちらの滝。
このように階段状になっている滝は段瀑と呼ばれます。
滝壺がいくつもあるので、ごく一般的な滝のイメージとは少し異なる印象です。
でも、滝壺の水の色がとても綺麗です。

★「姥ヶ滝」(石川県)
姥ヶ滝
この滝ね、私ずっと気になっていたのですよ。
名前がね、あれですよね。
思わず本書メイン担当のO先輩に見せに行きましたからね、資料を。
ご想像通り、
流水が老婆の白髪を思わせるから付いた名だとか・・・。
一回それ言われると、滝の流れがみんなそう見えてきて困りました。

★「平湯大滝」(岐阜県)
平湯大滝
凍っている滝を氷瀑と呼びます。
こちらの平湯大滝は飛騨三大名瀑の一つらしいので、
凍った姿も迫力満点です。

★「宇津江四十八滝」(岐阜県)
宇津江四十八滝
宇津江四十八滝県立自然公園として整備されているというこちらの滝群。
様々な滝の姿を見られる上に、
この紅葉の中で流れる様が美しくて、お気に入りのページです。

★「真名井の滝」(宮崎県)
真名井の滝
高千穂峡のシンボルとなっている真名井の滝。
とても有名な観光スポットらしいのですが、
私は本書で初めて知りました。
なんだこの神秘的な光景は・・・!

ということで、
208滝もある中からほんの少しのご紹介でしたが、
皆様いかがでしたでしょうか?

巻末には滝の形態をまとめたページと、簡単な地図も掲載しています。
地図
滝好きの方々、
ぜひご覧いただければと思います!!
↓↓↓
弊社HP

ただし、
滝にアプローチする際には、必ず事前に各所在地に問い合わせを!!!
危険な場所も多いですから装備は万全に。
また、立ち入り禁止になっている場合もありますので、
必ず事前の確認を忘れずに!!

ちなみに、
本書はメイン担当O先輩、サブをシエスタでお送りしておりますが、
完成にむけて要した校正原稿と資料の数々が場所を取って大変です。
なんせ総304頁ですからね。
積み上っているのですよね、私の背後にも、O先輩の棚にも。
いやあ、気の遠くなるような日々でしたね、先輩…。

ところで、見返しは私が選びました。
印刷会社の担当さんに品番とともに、
「濃いめのエメラルドグリーンみたいなやつ」って言ったら、
何度も確認されました。
「え、ほんとにこれやな?これで合ってるな?」
電話とともにメールで画像が送られてきて、なんなら最後は現物で確認されました。
そして先輩方からは
「いや、これは群青に近いんじゃないか?」
など様々なご意見をいただいたこちらの見返し。(この写真にもう少し緑を足した感じの色なんですが)
見返し
事の真相は皆様ぜひ書店でご確認ください。
まあ、表紙(カバーを取った状態)の色とも合っていたので良かったですよ!

それでは、
今日はこの辺で!!!

2018年4月24日火曜日

新刊『京-古都の情景』出ました

皆様こんにちは。
頭が痛くて寝ても覚めても眠気がおさまらないシエスタです。
「春だからかしら?」と言ったら、アオアザ先輩が「あんた年中やん」と。
そんなアオアザ先輩が御髪を短くされまして。
昨日撮影中の先輩をキャッチしましたので、また後程お届けいたします。

それでは、本日は4月発売の新刊をご紹介いたします!!!
なんと前回更新から一カ月も経っていた事実は、
今の所誰も気づいてないから黙っておこう…。

京-古都の情景-Soul Legacy of KYOTO

『京-古都の情景-Soul Legacy of KYOTO』
写真:水野克比古
写真:水野克比古
体裁:A5判、総304頁
定価:本体3,200円+税

本書は、
京都を撮り続けて50年を誇る京都写真の第一人者である水野克比古先生による、
真の古都の姿を収めた写真集になっております。

数多く残る文化遺産や伝統、そして今も残されている自然美とそこで暮らす人々の姿。
観光するだけでは見ることの出来ない、京都の姿がここにあります。
写真点数は174点
総304頁オールカラーでお届けいたします。
ということで、もくじは大量です。



それでは、早速中をご紹介いたします。

◆p14-15:おかめ桜 千本釈迦堂
おかめ桜 千本釈迦堂
満開の桜が圧巻。
京都は桜の名所が山ほどありますが、その中から厳選された場所が掲載されています。
選ばれし、数枚の内の一枚です。

◆p36-37:柳 白川・行者橋/広沢池
柳 白川・行者橋/広沢池
私、この見開きページ好きなんです。
絶景というわけではないけれど、
京都の人にとってこの風景は日常の一部分で、
当たり前の日々の一部分を切り取ったのがこの美しい風景なんだな、と思うと、
古都の名に相応しい見開きページだなと。

◆p40:半木の道 賀茂川
半木の道 賀茂川
恥ずかしながら、まだ歩いたことのない半木(なからぎ)の道でございます。
桜並木の道。
見ているだけでも歩いた気になる。
水野先生のお写真を見ることが多いからなのか、
歩いた気持ちになって毎回満たされてしまうのが行かない理由かもしれません。

◆p48-49:貴船川
貴船川
5月になると貴船の川床(かわどこ)が始まりますね。
まだ一度しか行ったことはありませんが、
蒸し暑い京都の夏を迎える前に行くことをおすすめしますよ。

◆p68-69:流鏑馬神事 下鴨神社
流鏑馬神事 下鴨神社
この決定的瞬間をとらえた写真、かっこよくて好きです。
無茶苦茶難しいですよね、この体勢で的を射るって。
しかも疾走中の馬上でね。
背中攣りますね、私の場合。

◆p76-77:詩仙堂
詩仙堂
この見開きページを開いた瞬間、
周りの音が吸い込まれてしまったような感覚になります。
思考も全部引き込まれてしまう、お庭の静謐な写真です。

◆p110-111:花見小路 祇園
花見小路 祇園
皆大好き花見小路です。
近年、特に観光客の方で溢れかえっているエリアです。
舞妓さん姿の観光客の方も沢山いらっしゃいます。
この写真に映っているのは、本物ですよ。
京都に来たら必ず訪れておきたい場所ですね。

◆p154-155:夏の夕 鴨川
夏の夕 鴨川
納涼床(のうりょうゆか)ですね。
京の夏の風物詩です。
実はまだ一度しか行ったことがなかったり…。
大人の社交場というイメージです。

◆p160-161:白梅
白梅
白梅旅館さんです。
この楚々としたお庭とお部屋。
全国の皆様、これぞ、京都です。
そしてこのブログではあまり掲載できませんが、
先程の詩仙堂さんやこの白梅さんのように、庭の写真も沢山載せています。
ご安心を!

◆p194-195:宗蓮寺/有明 渡月橋 嵐山
宗蓮寺/有明 渡月橋 嵐山
宗蓮寺さん、奥に見えているのは台杉ですね。
秋には台杉と紅葉が素晴らしい色の対比を見せてくれますよ。

◆p226-227:祇王寺
祇王寺
祇王寺さんは苔の季節も紅葉も本当に美しいです。
この敷き詰め感が、私は大好物です。

◆p260-261:雪の庭 妙満寺
雪の庭 妙満寺
ようやく冬が終わったというのに…。
また包まれたくなる、あのツンとした空気感。
音もなくしんしんと降る、雪。
また周りの音が聴こえなくなるくらい、引き込まれます。

◆p264-265:鯉沢の池 大原野神社
鯉沢の池 大原野神社
モノクロの世界に朱色の橋がその存在感をそっと主張する、
まるで絵画のような写真だなと思います。
これもお気に入りの見開きの一つです。

さてさて、
以上、皆様いかがでしたでしょうか?

京都市内の書店ではすでに店頭に置いていただいているようです。
全国の書店さんも、大型書店さんでしたら並び始める頃かと思います。
お近くの書店さんへGOです!!

また、アマゾンさんでもご購入いただけます。↓↓↓
アマゾンさん『京 古都の情景』ページ

そしてこの『京 古都の情景 Soul Legacy of KYOTO』ですが、
なんとあの

銀座蔦屋書店さんのBIG BOOKとしても発売中!!!

BIG BOOKについてはこちらの銀座蔦屋書店さんのHPを参照ください↓↓↓
銀座蔦屋書店BIG BOOKページ

銀座蔦屋書店さん店頭
右側にあるのが『京 古都の情景』
アート関連の本では他に類を見ない品揃えを誇る銀座蔦屋書店さん。
中でも、
このBIG BOOKは本としての概念を覆し、新たなアートの在り方を提案するコンテンツです。
蔦屋書店さんにて只今限定発売中です!!!

BIG BOOK『京 古都の情景 Soul Legacy of KYOTO』【蔦屋書店限定】

【本書の仕様】
価格:288,000円+消費税
判型:B2サイズ(縦70㎝×横50㎝) ※重量約15㎏
製本:上製本
ページ数:304頁(オールカラー、キャプション英文併記)
写真点数:174点
発行:カルチュア・エンタテインメント株式会社

本書、サイズがB2サイズとなので、ということは、見開きでB1サイズ!!!
水野先生の美しい写真が大画面で堪能できるという、
非常に贅沢な一冊となっています。

銀座蔦屋書店さん大型本コーナー
手前が『京 古都の情景』
既に銀座蔦屋書店さん店頭にて展示されておりますので、
気になる方はぜひ足をお運びいただければと思います!




そして最後に…、
撮りたてほやほや。
昨日のアオアザ先輩をどうぞ。
弊社インスタ「本日のおさんじ」の撮影中です。

髪バッサリ!!!
めっちゃバッサリ!!!
似合っている!!!!!
撮影中のお菓子については近日中にインスタに上がってくると思いますので、
それまでお楽しみに・・・。

それでは、今日はこの辺で。

2018年3月23日金曜日

桜が咲いたので『京都さくら散歩』紹介します

皆様こんにちは。
4月から観るアニメに「キャプテン翼」が加わったシエスタです。
まだまだ寒い今日この頃ですが、
今朝出勤途中に開花している枝垂桜を発見しました。
堀川通り北上中(今朝)
去年もおんなじような事を言っていた気もしますが…
桜といえば卒業!卒業といえば桜ソング!!!

先日TVで桜ソングの特番をやっていて、
活動休止中のレミオロメン藤巻さんが「3月9日」を歌ってらっしゃいました。
この曲は10年以上前のドラマで有名になった曲ですが、
今ではすっかり卒業ソングですね。
しかも、MVに出演していた堀北真希ちゃんが芸能界引退されてますからね。
聴くたびに、時の移ろいの早さを感じてしまいます。
私も歳を取りました~。

さて、それでは本日は季節を考えてこちらの既刊本をご紹介します。
2年ほど前に紹介したことのある『京都さくら散歩』です。
『京都さくら散歩』写真:水野克比古
本書は、京都市を中心に、
洛中・洛西・洛北・洛東・洛南と大きく区分けして、
京都の桜風景を収録した写真集になります。

写真家は、弊社写真集ではお馴染み、
京都写真の第一人者である水野克比古先生です。

水野先生だからこそ捉えることのできる美しい桜の咲き姿を眺めつつ、
京都に来るご予定のある方は、
本書を参考に京都めぐりのプランを立てていただける、ガイド機能も併せ持った写真集となっております。

ちなみに、本書を2年前に紹介した際のブログでは、
アオアザ先輩がインフルエンザで苦しんでらっしゃいました…。
先輩のインフル羅漢周期は1年おきなのですが、本当に正確に時を刻みますよね…(笑)

過去の記事をご覧いただく際はこちら。
↓↓↓
2016/3/25西九条シエスタブログ「桜咲く」


では早速。
2年前とは異なるページをセレクトしておりますので、改めてお楽しみいただけるかと思います。
◇三条大橋◇
三条大橋
鴨川にかかる三条大橋をバックに、八重紅枝垂桜が満開でとても華やかです。
実は私、いまだに鴨川沿いを歩いたことがありません。
あの土手みたいなところ。
今度ゆっくり友達と歩いてみようかな。花粉症つらいですけど…。

◇高瀬川一之船入◇
高瀬川一之船入
2年前にはブログに載せませんでしたが、
今ではこの情緒ある一枚が好きになりました。
知らぬ間に私自身の感じ方が少しずつ変わっているのだなーと。

◇平野神社◇
平野神社
平野神社さんといえば、桜の名所中の名所ですね。
「桜の宮」として全国に名高く、里桜の宝庫ともいえる名所です。

◇仁和寺◇
仁和寺
水野先生の、
この溢れんばかりに咲いている仁和寺さんの満開の桜写真はいつも迫力があります。
華やかで、出不精の私でもお花見したくなる一枚です。

◇背割堤◇
背割堤
夜桜といえば、ライトがばっちりあたっている印象ですが、
連なる提灯に灯された夜桜というのは風情がありますね。

いかがでしょうか?
先程京都市内の北の方へ行ってまいりましたが、
桜が咲いている所が沢山ありました。

週末には気温が上がるようですし、
京都観光をお考えの方はお早めにお越しくださいね。

それでは、
ここからは、
いよいよ来週から週間ページが使える!!!(月曜始まりなので)
「Kyoto Techo -Petit-2018」の書店さんでの展開模様をお届けします。

★イノブン四条本店★
女子はみんな大好きイノブンさん。
可愛い文具が溢れるフロアにて置いていただいてます。
レジ前です


★三省堂書店京都駅店★
京都駅の中央改札出てすぐ地下1階へ降りると、
そこに広がるのは京菓子や京漬物、雑貨などのお土産物フロア。
とともに、三省堂書店京都駅店さん!!
京漬物あじわい処西利さんの近くで展開中です。
京漬物処西利さんの近くです


12月始まりも一緒に置いてます

まだまだ間に合いますよ!!
京都市内の書店にて展開していただいております。
ぜひお近くの書店さんでお買い上げください。


それでは今日はこの辺で。

2018年3月16日金曜日

続々新刊&重版出来てます。

皆様こんにちは。
3月の遠征費が馬鹿にならないシエスタです。
いやほんとに、4月は自重します。
京都のイベントで我慢、我慢。(←京都は行くんかい。勿論だとも。)

さて、
最近またブログの更新が滞ってしまい、
このままでは先輩にどやされる!!
ということで、
これだけは載せておきたいと思いますよ。

■2月新刊の皆さん■
「Kyoto Techo-Petit-」と『箱中天』
どちらもパッと見、読めませんが、頑張って読んでね。
わたしはアイボリーを使ってます。
帯が可愛いからいまだに捨てられない・・・
そしてそして、
2月は増刷も2冊ありましたので、
こちらもいずれ既刊本紹介をしたいと思って、いるうちに、3月も後半突入しそうです。
↓↓↓
プチと『箱中天』に加え、
『よみがえる天平文様』(左)と『京都坪庭拝見』(右)が増刷でした

『よみがえる天平文様』はちらっとお見せしますが、こんな感じですよ。
『よみがえる天平文様』より
近日中にじっくりご紹介しますね。
そしてそして、

■「Kyoto Techo -Petit-2018」京都市内にて販売中■
京都市内の書店さんに並べていただいているプチですが、自分でも棚を観に回っております。
ということで、
今日は京都岡崎蔦屋書店さんでの販売棚の様子をお届けします。
京都岡崎蔦屋書店さん
上の画像の棚の裏側がこちら↓↓↓
京都岡崎蔦屋書店さん
お洒落な京都の雑貨などともに並べていただいて…、きょ、恐縮です!!!
他にも、大きな書店さんだと大垣書店烏丸三条店さん(こちら現在通りに面したショーウィンドウにて看板も出てます!)、三省堂書店京都駅店さん、ふたば書店八条口店さんなどなど。
次回色々と撮り溜めた写真を載せていこうかと思いますのでお楽しみに。

ちなみに、
京都岡崎蔦屋書店さんでは、
フェイスブックでお伝えした通り、現在『箱中天-箱の中の小宇宙-』も絶賛展示中です。↓↓
『箱中天』掲載の箱を展示中
3/21(水)夕方までの展示になっておりますので、
気になってらっしゃる方はぜひ週末にお出かけになってご覧くださいませ。

「Kyoto Techo -Petit-2018」(←「きょうとてちょう・ぷち」と読みます)
『箱中天』(←「そうちゅうてん」と読みます)
共に、アマゾンさんでも購入可能ですので、
京都市以外にお住まいの方は
お近くの書店さんからのお取り寄せか
アマゾンさんもご利用いただければと思います。



それでは、良いですかね?最後につぶやきましょうかね。
~シエスタのアニメ日和~
さて、そろそろ1月アニメの皆さんが佳境ですね。
とは言いつつ、
今期はあんまり佳境感のない癒し系ばかりを観ているので、いつの間にやらゆるゆると3月も半ばが過ぎてゆきます。
そんな中「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、
実は少佐が生きているのではないか…?とか、
そういう展開をついつい期待しちゃう私は女々しいですね。でもね、少佐良い男だったのです…。

「学園ベビーシッターズ」、これホントに癒し系です。しかも毎回泣かされる。
両親を事故で亡くした主人公兄弟の養子先が学校の理事長さんのお宅で、
お兄ちゃんの方がお世話になる代わりにその学校の保育スペースの部活をやるんですけどね。むっちゃまっすぐないい子で。
女子向けだけど、世間の皆さんにもぜひ見てもらいたい。
若者だけじゃなく、親の世代とかにもね。
この2本が今期の私の涙腺を崩壊させました。(そして時々「銀魂」で銀さんがカッコいいことを言ったりするからドキドキする)

他にもいろいろありますが、4月からも期待作が沢山あります!
どうしよう…録画容量が足りません。
東京喰種re(羽生くんも喜んでるんじゃないかしら?)、デビルズライン(CV的にも超楽しみです)、ピアノの森(懐かしい!)etc…
楽しみが多すぎるのは嬉しいことです。

それでは、今日はこの辺で!


2018年2月16日金曜日

新刊『Kyoto Techo-Petit-2018』出来ました!!

皆様こんにちは。
もういい加減冬に疲れてしまったシエスタです。
はやく春よこい。花粉症だけど寒い方がつらい。

よし、それでは早速表題の宣伝いきますよ!
ついに

「Kyoto Techo -Petit-2018」

A6サイズ/全192頁/1500円+税

◆月間ページ:2018年3月~2019年4月
◆週間ページ:2018年4月~2019年3月(京都で開催予定の行事を掲載)
◆京都便利帖(社寺拝観情報)・文化施設一覧/京都三大祭MAP・京都市広域MAP・京都市街地の簡易MAP/京都路線図・京都市主要バス路線図/観光記録ページ・メモページ(ドット方眼)etc…


発売です!!
ポスター作ったのでバンっと載せておきますね。
よろしくお願いします
カバー色は、
ネイビーアイボリーワインレッドの全3色です。当初は1色でしたが無理を言って増やしていただきました。

表紙カバーやロゴデザインは、アオアザ先輩のブログでもお馴染みとぅーでぃーさんにお願いしました。
手帳を開いたところを模している、表紙のこのロゴがとってもお気に入りです。↓↓↓
シンプルな表紙にしました

そして、さらに、特にお気に入りなのはこの帯↓↓↓
ネイビー
アイボリー

ワインレッド(ちょいぼやけてしまった・・・)
この京都手帖のコンセプトは、
「和は好きだけど、持ち物を和柄にしたいわけじゃない。」
という方でも使っていただける、
京都に特化した内容の手帳です。
私にとっての和の在り方を考えてこのような手帳になりました。
私は着物は好きだし着付けも出来ます。和小物も好きです。(かんざしとか、手提げ、足袋も可愛いのを集めたいです)
でも、普段は洋服を着ていたいです。
雑貨が好きなので、洋風のものもとっても興味があり集めています。

だから、「京都(和)は好きだけど、それはイコール和柄の物を持ちたい人ばかりではないんじゃないか?」と思いました。

それで出来たのが今回のPetitです。
和と洋の仕切りを取っ払って、
ロゴは英字で、でもカバー生地は着物のような生地感で、帯にも和の雰囲気を残しました。
新生活が始まる学生さんや社会人の方に、ぜひ相棒として一冊、ご縁を結んでいただけますように・・・
ということで、水引です。
これは、京都の街と、そこで暮らす、働く人を結びたいという思いも込めています。
この、私のざっくりしたイメージをこうして形にしてくださったとぅーでぃーさんにはとても感謝しています。

そして、今回カレンダーをデザインしてくださったのが、なかよし図工室さんです。
またまたざっくりした私のイメージを形にしつつ、
実用性も重視したデザインにしていただきました。

月間はこんな感じです。うっかり撮り忘れたのでこちらの画像で雰囲気見てください↓↓
月間ページ
A6サイズはとっても小さいので、
如何に書くスペースを損なわずに、それでいて程よい可愛さを残すのか・・・。
それを根気強く形にしてくださいました。

週間ページ
京都便利帖
こちらもタイトルロゴ作っていただきました。
「京都手帖」や「京都手帖+」と同じ情報ページですが、タイトルを変えただけで雰囲気も変わりますね。

文化施設一覧
このページはこのサイズにこの情報を収めるのが大変でした。

それから、こちらはページ左下なんですが、気づきましたか?
春のページ

冬のページ
アイコンを入れてくださっているのです。
これもお気に入りです。
さて、これはなんでしょう?
ある特定の月の時だけ入ります。↓↓↓
京都の行事に纏わるあれのアイコンです
店頭で見かけた方は、
パラパラマンガのように左下を注目しながらパラパラめくってみてくださいね。

さあ、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
色々な方にお力添えいただきなんとか出来上がったPetitです。

京都では
三省堂書店京都駅店さまなど、すでに並べていただいてるそうです!!!
ぜひ皆様書店さんなどで見かけた際には手に取ってご覧ください!!!!!
宜しくお願い致します。

それでは、今日はこの辺で。